はじめてストーリー(その6)

 

​『きっかけ!』

*物事を始めるはずみ。機会や動機(国語辞典的には・・・)。

 

 

何事にも始める“きっかけ”と言うのがあると思う。

何かを始める機会や動機は、どんな事にせよ誰にもあるものだろう。

 

私が葉巻を始めた“きっかけ”となったのは、たまたま仕事で訪れた、外資系ホテルの総支配人室。

外人の支配人が、“良い葉巻があるんだ一本どうだ?” ←これ英語!多分そう言ったと思われるwww 

箱に入った葉巻を私に勧めた。(40歳そこそこの若造によくも勧めたもんですよ)

 

映画の1シーンのような(大げさかなァ~)シチュエーション!! 

断わる理由もノーサンキューとも言えず・・・

見よう見真似で支配人室で一服!!

今じゃァ~到底有り得ないと思いますがね。

どのようにカットしたのか、火を着けたのか、は全く記憶にありませんが・・・

 

その時、支配人に“ホテルで近々、シガーパーティをやろうと思っているのですが・・・”と、

言われたような記憶が・・・・

 

ホテルのビジネスを手伝う仕事(下請け)をしていた私は断わる理由も無く(断われなくて笑)

それは良いですね。。是非なんて言ったような ←これも英語!伝わったどうかは疑問?

 

帰りの車中で、頭がクラクラしたような・・・

でも、シガーパーティにはやるなら行ってみようと。

当時の友人には葉巻を嗜む者がおらず、ただの興味本位、仕事がらみだし、

お付き合いもしとかないと・・・なんて軽い(不純な“キッカケ?”)だったかと。

 

後日、その(1)で述べたように、葉巻を買いに・・・

 

なんか、取ってつけた様な、洒落た?『切っ掛け!』なんですが事実なんですよ。

でも、こんな唐突な機会や動機が無かったら一生葉巻とは無縁だったかもです・・・

 

でも、本当にシガーパーティとやらに、参加する事になろうとは!!

どんなパーティーだったかは、改めて。。。